医療用包装

患者の安全性は、あらゆる措置を講じて感染症の拡大を防ぐことで向上します。感染管理計画において包装は重要な役割を果たし、滅菌包装は最終的な滅菌製品に不可欠です。

患者の安全性向上

患者の治療において-外科処置や手術の際、歯科医院またはその他、どこであろうと-すべての器具、機器、その他備品の清浄度および滅菌には細心の注意を払う必要があるとともに、それらを無菌状態で取り扱うことも考慮しなければなりません。滅菌は必ず行わなければならず、妥協は許されません。損傷のない包装だけが滅菌バリアの役目を果たすことができ、その条件は、再使用可能製品、単回使用製品のどちらにも同様に求められます。

機器の汚染物質を除去する滅菌バリアシステム

滅菌バリアシステムまたはSBSは、微生物の侵入を防ぐために必要最低限な包装で、使用時は無菌状態を保つことのできる包装です。滅菌バリアを施しているため品質・強度・性能が良く、包装された備品の製造工程および輸送過程での効率および信頼性を高めます。

効率性の高い包装工程への要望

Wipakが滅菌バリアシステムに提供しているものと、医療機器業界、製薬会社、およびヘルスケア施設向けの高性能な包装ソリューションは、当社の品質に対する全体的な取り組みであります。当社は世界中の顧客および患者の利益のために、最先端の製造技術およびR&D(研究開発)施設を活用しています。.

正しくお使いいただくために-必須条件

機器および器具は包装段階で滅菌されます。適切に包装することで効果的な滅菌ができ、使用時に無菌状態を保つことができます。包装された製品およびその製品の滅菌方法と包装システムとの互換性、輸送手順、マーキング、ラベリングについては必ず検証がなされています。輸送、倉庫保管、段積みのニーズによって、資材に歪みが加わるため、優れた設計の医療用包装ソリューションを提供し、包装した滅菌アイテムが正しく使えるよう、お手伝いをします。

Wipakは滅菌バリア協会のメンバーです