Share:

ソフトチーズ

モツァレラなどのソフトチーズは、ホエーやオイルパックである為、パッキング自体が難しい製品です。Wipakのバリアフィルム製品シリーズはホエーやオイルパックチーズに使用するのに適しております。必要な包装材を減少させることができ、VFFSのプロダクトラインでのモツァレラチーズ包装を実現させた。

クリーム状のフェタチーズ用の分割包装

デンマークのチーズメーカー、Nørager Mejeri社は、これまでにない便利なフェタタイプのクリームチーズ製品を発売しました。この製品は類似品のない個別包装にすることで利便性を高め食品廃棄物の削減にも貢献する新しい包装形態で市場に登場しました。Nørager Mejeri社は、パッケージを1つ開けた状態でも良く見えるように上部の曲面部に少し硬い素材にしたいと考えていました。

この要望に応えて、Wipakは膜機能の付いたフィルムと60分の低温殺菌中に90°C でも取り扱える高品質の印刷を開発しました。上部の曲面部に少し硬い素材を使用したことにより、パッケージをトレイに立たせることができるので、最終設計では製品の周囲にスリーブが不要になりました。

Nørager Mejeri社は、デンマーク最大のリテーラーである「Taverna」を通じて製品を販売し、2017年1月に最初のパッケージがニュージーランドに輸出されました。

軽量パッケージが発揮するプレミアムな性能

消費者の関心はかつてサステナビリティや食品廃棄物の削減に留まっておりました。WipakはBialonとBiaxerラミネート加工の範囲を拡大させ、密閉強度や耐久性が最も重要となる厳しい条件のモツァレラチーズの包装の適合性を増加させています。

新しいラミネート製品、BIALON 40 WHITE OFP、BIALON 55 WHITE OFP、BIAXER 55 WHITE OFPは、パック全体の厚さが25 μmと極薄ながらも高い製品保護機能を発揮しています。穿刺抵抗が20 %も高く、従来品よりも高い密閉強度が求められる用途にも適しています。

Wipak Bordiの事業開発マネージャー、Davide Zinzaliniは次のように説明しています。「新しいラミネート製品は、モツァレラチーズ用のパッケージに求められる技術的な課題を克服し、パッキングマシーン上でも効率性に優れ最高の生産高を達成しています。」「ボールタイプのモッツァレラチーズは高速VFFS包装ラインで水入りパッケージに包装されることが一般的ですが、その場合、高速密閉が特に重要となります。Wipakの新しいBIALONおよびBIAXER OFPの製品シリーズは、こうした厳しい要件を完璧に満たすだけでなく、比類のない密閉性、落下耐性を備えているので、製品の最大限の安全性を確保しています」