Share:

食肉

食肉生産のために飼養される動物の保護に対する消費者の関心が高まるにつれ、「遺伝子組み換え生物でなく、抗生物質不使用の肉」への需要が高まり続けています。この動向は、進む食肉のプレミアム化と利便性志向の現代傾向と相まって、包装分野のイノベーションを後押ししています。

Wipakの高品質のフィルムとペーパーコンポジットは、製品を保護し、製品を完璧な状態で確実に消費者に届けたい、そんな一流の食肉生産者に選ばれています。

Atria社の開けやすい真空パック

Atria社の新しい牛ひき肉真空パックがフィンランド市場に登場しました。この真空パックは開けやすく、今までにはなかった画期的なものです。

WipakのBIAXERに印刷を施し、底材フィルムにマットブラックのSC XXを使用したこのパックは、ハサミを使わなくてもパッケージのつまみを引っ張るだけで簡単に開けることができます。パッケージの蓋を開け、パックのひき肉を直接ボウルやフライパンに入れて調理できます。

この真空パックは従来のひき肉用包装と比較して包装資材が50% 以上削減されており、製品の形状にぴったりと合わせたコンパクトな設計なのでスペースに無駄が生まれず、輸送・保管・買い物袋の中・冷蔵庫・ゴミ箱の中でも、一切不要な場所を取りません。さらなる利点は、牛肉を包装する際、包装用ガスを使用せずに包装できることにあります。

  • 簡単に開けられる設計
  • 省スペース
  • 包装資材を50 %以上削減
  • より環境に優しい製品
おいしさが増す食品包装

WINfresh®スキンフィルム

真空スキンパッケージは製造を最適化し、中身の収縮を防ぎ、製品を最高の状態でお届けします。WipakのWINfresh®は持続可能でコスト効率に優れており、製品の鮮度を最適な状態に保つことができます。

ターンキーパッケージの場合、Wipakでは高バリア熱成形底材フィルム、紙と不織布のソリューションがあり、色も黒色、ゴールド、白色、透明からお選びいただけます。

360° ー 全方位から製品が見える

傑出した輝きと透明性が、製品の外観と知覚品質を高め、製品の鮮度・色・質感が自然な形で把握でき、横割り陳列と縦割り陳列(ユーロスロット)のどちらにも対応しています。

効率的な製造、保管、輸送

すべての製品と製造ラインに同じフィルムを使用するということは、リールの変更頻度が少なくなるため、生産高が上がることを意味します。シール温度を(標準フィルムと比較して最大50°C)低下でき、さらにコンパクトで耐久性に優れた包装は重量も小さく、輸送コストも低減できます。

ハム類 – 密着包装

極めて透明性の高いSuperClearは、バックシュリンク特性があり、丈夫で安定性に優れている評価の高い包装です。このフィルムは皮膚のように製品に密着して、高いバリア性を発揮します。