Digimarc®

Digimarc®バーコードは、パッケージの印刷デザインに組み込むことができる不可視バーコードです。バリューチェーンの利用者がスマートフォンやタブレットでパックの大部分をスキャンするだけで、製品情報にアクセスできます。

Digimarc®バーコードを印刷済みのフィルムに組み込むことで、Wipakはサプライチェーン全体の廃棄物を減らし、間違ったフィルムやラベルの使用など、損害の大きいミスを防ぐことができます。

店頭ではDigimarc®を使用することで、正確な在庫数、製品の賞味期限、消費期限に関連する情報が管理でき、小売店業者が製品の販促やラベルを貼り変えることで食品廃棄物を最小限に抑えることができます。

消費者がスマートフォンや携帯端末を使用すると、ブランド製品の構成、使用含有物、栄養成分、おすすめの調理法などに関する詳細情報を取得することができます。製品を法律や規則に従って適切に廃棄/リサイクルするための情報を追加して、リサイクル可能な原料を循環経済内で保持するために役立てることも可能です。

適切な廃棄処理の流れにおいて、処理工場で資材を正しく分別するには時間も費用もかかります。しかしDigimarc®バーコードを導入することによって、リサイクル業者は情報をデジタルで読み取るだけで循環経済内での効率性を高め、より多くの原料を保持できるようになります。

パックにDigimarc®バーコードを取り込むためには、印刷プロセスにおいて必要なコードを生成し、パッケージに組み込む必要があります。Digimarc®バーコードはグラビア印刷、フレキソ印刷、Wipakの受賞歴のあるProDirect®デジタルインクジェット技術を使用して印刷できます。